講師紹介

長屋 大輔

【担当楽器】

エレキギター、アコースティックギター、クラシックギター、エレキベース、ウクレレ


中学3年の時にクラシックギター・アコースティックギターを始める。その後エレキギターに没頭し、バンド活動をメインに音楽活動を始め、ワンマンライブ・テレビ番組30分特集・ラジオ出演・ツアー・CD全国リリース・大会場出演・1000組応募のバンドオーディション優勝・ゲームへの曲起用など実績多数。


齋藤 貴彦

【担当楽器】

ドラム


様々なバンドのサポートを経て、2005年に、海外でのライブの実績が多数のプログレッシヴ・ロックバンド、「ARSNOVA」に加入、2009年にスカイステーション(国内)、ムゼア(フランス)の両レーベルより「Seventh Hell」でCDデビュー、2011年にはライブDVD「Divine Night」を発売。現在も継続して活動中。


小塩 暁央

【担当楽器】

エレキギター、アコースティックギター、クラシックギター


5歳よりクラシックギターを始める。
中学生の時にエレキギターを手にし、高校入学と共にバンド活動及び作詞作曲を始める。CDリリース、布袋寅泰氏が出演したTAGO STUDIO TAKASAKI MUSIC FESTIVAL 2016にて二万五千人のオーディエンスを前に演奏などの実績あり。


武田 宏

【担当楽器】

ドラム、Computer Music (DTM)


高校卒業後、音楽専門学校に入学しドラム、音楽理論を学ぶ。在学中から講師を務める。卒業後は東京近郊にて精力的にバンド活動を行う。バンド活動中より並行して作編曲活動を始める。現在は様々なアーティストのドラムサポート、及び楽曲提供(作編曲)をしている。


八巻 裕子

【担当楽器】

サックス


在学中より演奏活動を始め、サクソフォンカルテットやソロでコンサートに多数出演。最近では電子オルガンとのデュオで独自の世界観を表現、またTrio da capoのメンバーとしてコンサートを開催する。また八王子市登録演奏家として市内のイベントに多数出演。

末次“アカイネコ”孝之

【担当楽器】

エレキベース、Computer Music(DTM)、エレキギター、アコースティックギター、ウクレレ


高校卒業と同時にベースに持ち替え、男性Voバンド(〜2006)→女性Voバンド(〜2011)を中心に活動しつつ、メジャーレーベルからのリリース、バンドバトル優勝、ワンマンライブ、また各種現場でサポート業、レコーディング、はたまたラジオパーソナリティ/番組製作代行なども経験。

竹川 修平

【担当楽器】

エレキベース


幼少期の頃にはトロンボーンに触れて育ち高校の頃にバンド結成をしベースを始める。専門学校ではベースを専攻し、在学中からツアーやレコーディングやライブなどに参加する。
卒業後は、講師やセッションなどにも活躍の場を広げ、現在は関東に拠点を移しサポート・セッション・講師活動などを行なっている。

Manatsu

【担当楽器】

ヴォーカル、アコースティックギター(弾き語り)


高校卒業後、音楽の専門学校に入学。2年間ピアノ科に通う。そこで出会った仲間でバンドを組み、作詞作曲とギターボーカルを担当。ライブ活動やCDリリースなどの活動を6~7年ほど行う。
数々のコンテストに入賞するもバンドは解散。
バンドと同時進行でソロ活動も行う。