SelecToneミュージック・ラボ

  1. HOME
  2. SelecToneミュージック・ラボ
  3. ギター
  4. ギター初心者のおすすめ練習方法【コードの覚え方と右手のストローク】
ギター初心者のおすすめ練習方法【コードの覚え方と右手のストローク】

ギター初心者のおすすめ練習方法【コードの覚え方と右手のストローク】

SelecToneミュージックスクール代表講師でギター・ウクレレのレッスンを担当しております長屋大輔です。

今回はギターを始めたばかりの方が何をどうやって練習していけば楽しく・効率よく上達出来るのか?をお伝えしていきたいと思います。
ギターは左手で弦を押さえ、右手でピッキング(指で弾く場合はフィンガーピッキングと言います)します。
その場合、左手と右手はどうやって練習していけば良いのでしょう?

【ギター初心者のおすすめ練習方法1】好きな曲からスタートしよう!

まず私のレッスンでは生徒さんの好きな曲からスタートして頂いております。
好きな曲、やりたい曲から始めるのはモチベーションが続くからですね!

もし、選んだ曲が難しい場合、簡単にアレンジ出来そうな曲なら、初心者の方は出来るだけ簡単に、少しやっている方であれば私がその方のレベルに合わせたアレンジで練習して頂いています。
アレンジするのが難しい(アレンジすると原曲と、かけ離れてしまう)場合は、また違う曲を選んでもらって、なるべく生徒さんの好きな曲をやって頂くのが全てのスタートです。

【ギター初心者のおすすめ練習方法2】左手:ギターのコードを楽しく・効率良く覚える方法

【ギター初心者のおすすめ練習方法2】左手:ギターのコードを楽しく・効率良く覚える方法

“簡単にアレンジして”と上述しましたが、自分でアレンジをするのは、それなりの知識や経験が必要ですので、出来れば好きな曲や有名な曲で出来るだけ簡単な曲を選ぶのがポイントです。
ここで言う”簡単な曲”というのは、出てくるコードの数が少ない曲です。

最初は知ってる曲なら何でも良いです!という方もいらっしゃいますので、その時にオススメしているのは、

  • Take Me Home Country Roads / John Denver
  • Last Christmas / Wham!
  • Stand by me / Ben E.King

などの古い有名な洋楽ですね。
この辺りの曲は出てくるコードが4つか5つの物が多いので、覚える事も少なくてスムーズに進めていく事が出来ます。

次に選ぶ曲も5つコードが出てきたとします。
しかし前にやった曲と同じコードが出てくる可能性もあるので、新しい曲の5つのコードの内、2つが前と同じコードなら、新しく覚えるのは3つだけになります。
3曲めに選んだ曲に8個コードが出てくるけど、その内4つはすでにやった事のあるコードなら新しく覚えるのは4つです。

こうやって進めていくと、4曲くらいやる内に10〜20個くらいのコードを覚える事になり、それくらい弾けると、色々な曲が(少しアレンジを加えれば世の中の半分くらいの曲は)弾けるようになります!
更に、押さえ方の基本が身につくため、これ以降にやる曲で新しいコードが出て来ても、割とすぐに対応出来ます。基礎が身についていますからね。

そうやって練習していくと、曲も弾けるようになって楽しいですし、かつ基礎も身について一石二鳥です!

【ギター初心者のおすすめ練習方法3】右手:ストローク(振り)はシンプルなパターンから徐々に難しく

【ギター初心者のおすすめ練習方法3】右手:ストローク(振り)はシンプルなパターンから徐々に難しく

右手については楽譜にリズムパターンが書かれている場合もありますが、いきなり複雑なパターンを練習するのは得策ではありません。

まずは1小節でダウンストローク(上から下に振り下ろす)を4回、ジャン ジャン ジャン ジャン と弾くだけの簡単なパターンからスタートしましょう。
これは4分音符と呼ばれますね。

それから徐々に小節内の音の数を増やしたり、複雑なリズムパターンにチャレンジしていきましょう。

【ギター初心者のおすすめ練習方法4】右手と左手の練習は別々に

最初の頃は右手と左手は別々に練習しましょう。

コードを覚えるときは右手はジャーンと一発鳴らすだけ、右手で新しいリズムパターンを練習したり、アルペジオなどを練習する時は左手のコードは一つのみで、チェンジさせずに右手のみに集中しましょう。
右も左も同時に新しい事をやるのは困難です。

左手のコードがある程度スムーズに押さえられるようになったら、今度は右手の練習、右手のリズムも弾けるようになって初めて左右を合体させて、本来の楽譜通り弾く、という練習方法が良いと思います。

終わりに

楽しく!効率的に!という事を考えながら練習していくと、コード弾きの場合は生徒さんを見ていると数ヶ月〜1年くらいで、かなり弾けるようになります。
歌も歌えたら弾き語りライブが出来るようになりますね!

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました!
今後も皆様の楽器の実力アップに役立つ情報をドンドン投稿して参りますので、是非当ブログをブックマーク宜しくお願い致します。

SelecToneミュージックスクール ギター・ウクレレ講師:長屋大輔

関連記事